無料ゲームONLINE 審査の甘い消費者金融 ETC裏技 GTR35レンタカー 失業保険裏技
2010年01月01日

詳細

自動車保険の中で車両保険は、重要なポイントだと思います。
現在社会では、対人・対物が無制限というのが一般的なのですが


車両保険によって大きく自動車保険の金額が変動します。
また、車両保険に入っていなければもしもの時に


自腹で車の修理をしなくてはならないかもしれません
だから悩ましいのです。


入れば相当な保険料が必要ですし、入らなければ
5年・10年のスパンで見れば相当なお金がうきそうです。


ところで車両保険では、保険会社が車に対して料率を
決めています。簡単にいえば事故が多い傾向の車は


料率が高く、少ない車は料率が低く車両保険に大きく
関わってきます。


自動車の車両保険の料率は、1−9まで細分化されています。
1は、車両保険料金が安くなりますし


9は、逆でかなり高くなります。この等級は、事故率など
考慮し1年1回見直されているようです。


この料率は、スポーツカーや高級輸入車などは、
料率が高くなります。事故や盗難の可能性が高いからです。


例えば同じ排気量の車で片方は、料率1もう片方は料率9だとすると
単純で保険料金が4倍ほど変わってきます。


スポーツカーや高級車に乗るなら本体もさる事ながら
保険料金もこのように高額になります。

ランエボ関連

レンタカー タイヤ・ホイール  車検  自動車ローン 自動車保険  愛車高額査定  廃車・不動車 業販価格.comで中古車探す   オートバイ全国無料出張査定
続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。